Loading...
2016年11月28日ブラジル1部リーグ・セリエAのサッカーチーム【シャペコエンセ】の主力選手と首脳陣、そしてジャーナリストを乗せたチャーター機が、南米大陸選手権コパ・スダメリカーナの決勝ファーストレグへ向かう途中、コロンビアのメデジン郊外で墜落。
サッカーを愛する小さな街のクラブが初の国際タイトルをかけた決勝に進出を決め、その歓喜の中で起きた悲劇は世界を駆け巡り、バルセロナvsレアル・マドリードの〈クラシコ〉での黙とうをはじめ、国境を越えたサッカーファミリーが追悼を捧げた。
監督に『ミラノ、愛に生きる』、『あしたのパスタはアルデンテ』などの脚本を務め、ストーリーテリングには定評のあるイヴァン・コトロネーオ。アメリカで実際に起きた殺人事件に衝撃を受け、自ら執筆した原作を映画化。2016年イタリア・ゴールデングローブ賞最優秀脚本賞を受賞。3人の魅力的な若手俳優たちを通して“今を生きる若者たち”へメッセージを送っている。
Jリーグ・セレッソ大阪やジェフユナイテッド市原・千葉でプレーしたケンペス、元柏レイソルのクレーベル・サンタナを含む19名の選手、ヴィッセル神戸を率いたカイオ・ジュニオール監督、クラブ関係者など71名が尊い命を落とした。選手獲得やクラブの経営はどうするのか?シャペコエンセは合同葬儀の翌日、悲しみも癒えぬまま、新シーズン開幕へ向けてゼロからの再出発を余儀なくされる。カメラは、かけがえのないチームメイトを亡くした喪失感に苦しみながら過酷なリハビリに耐え、
チーム再建のシンボルとしての重責を担う3選手、ジャクソン・フォルマン(GK)、エリオ・ネト(DF)、アラン・ルシェウ(DF)を中心に、遺族とクラブ経営陣の亀裂、航空会社の倒産で進まない補償問題、小さな子供を抱える未亡人たちの不安、事故を免れた既存選手の新チームへの戸惑い、勝ちに執着する新監督との軋轢、クラブを愛するサポーターたちのジレンマなど、各々の様々な葛藤を容赦なく捉えていく。しかし、彼らが再びそのアイデンティティを見つめ直し一致団結したとき、怒涛の快進撃が始まった・・・!
関東
エリア 劇場名 電話番号 公開日
東京 新宿ピカデリー 03-5367-1144 7月6日
東京 MOVIX亀有 050-6861-0135 7月6日
北海道・東北
エリア 劇場名 電話番号 公開日
北海道 札幌シネマフロンティア 011-209-5400 7月6日
宮城 MOVIX利府 050-6865-6712 7月6日
中部・北陸
エリア 劇場名 電話番号 公開日
静岡 MOVIX清水 050-6861-0045 7月6日
愛知 ミッドランドスクエア シネマ 052-527-8808 7月6日
愛知 MOVIX三好 050-6865-2601 7月6日
関西
エリア 劇場名 電話番号 公開日
大阪 なんばパークスシネマ 06-6643-3215 7月6日
大阪 MOVIX八尾 050-6865-3405 7月6日
京都 MOVIX京都 050-6865-3125 7月6日
中国・四国
エリア 劇場名 電話番号 公開日
       
九州
エリア 劇場名 電話番号 公開日
       
沖縄
エリア 劇場名 電話番号 公開日